HOME  > ラテックスマットレス
ラテックスマットレス

ラテックスって?ラテックスマットレスってどんなもの?

特有の柔らかさと高反発(弾性)

特徴の “ラテックスマットレス”

ラテックスマットは型に入れて製造時に発泡させて多数の気孔を作ることで、更にソフトな柔らかさ(マシュマロのような)を実現し、同時に本来有している高い反発力も維持しています。
ラテックス(ゴム)の最大の特徴は、 柔らかさと弾性の同居にあります。

それによって理想的な体圧分散が出来その結果寝返り回数が減り"快適睡眠”が得られます。睡眠時の腰痛や寝起き時の肩こり、首筋の痛みにお悩みの方等にお勧めのマットレスです。


ラテックスマットレスやラテックス枕はどの様して出来るの?

そもそも所謂文明社会にゴムをもたらし紹介したのはコロンブス。第二回の航海途上、西インド諸島のプエルトリコやジャマイカで現地のインディオの子供達が遊びの道具として蹴っていたボールが柔軟で大きく弾むのに驚いて持ち帰った事に始まると言われます。

このゴムの柔軟さや弾力が持つ特性やあるいは靴や布に塗布すれば水の浸透を防げる特性を知るとヨーロッパの人々はゴムの木を持ち帰りロンドンの植物園で栽培を試みます。しかし日照時間と気温、降雨量の違いてゴムの木の成育には寒いヨーロッパの地は不適格なことを知らされます。このことから西インド諸島と同等な気候環境でゴムの成育に適した地としてアジアに対する植民地政策がすすめられる中で、スリランカ、タイ、マレーシア、ベトナム、インドネシア等でゴムのプランテーション作りが展開されました。
所謂イギリスやオランダの東インド会社の主要な産品は人工的に植林されたゴムプランテーションから採取される天然ゴムであったのです。

ゴムプランテーションに行ってきました。自然の恵み天然ラックス!

ゴムのプランテーションでは朝6時頃からブラッシング(皮むき)が始まります。
先が特殊に曲った形の鎌状の刃物で樹皮と木の幹の境目を削り取ります。
するとみるみる牛乳そっくりのミルクと呼ばれるゴム樹液が滴りだします。
先ほどまで下向きだった器を幹に巻いてある針金の皿受けに上向きにおいて樹液を受けていきます。

ブラッシングされた初期状態ではかなり勢いよく滴り出てきます。ブラッシングから採取までの作業は雨を避けて行われる為に主に乾季がラテックスの収穫期となります。
天然のゴムの木から採集される為にこの地域の雨季の長さや降雨量などはタイヤの生産料等と共にラテックス価格を構成する大きな要素となっています。

環境破壊しない、人の有害なものを発生しない!再生可能自然素材天然ラテックス。

大地、ゴムの木、光、水、自然と人があって初めて出来るラテックスの貴重さ。
石油由来の物質とは異なる自然環境を破壊せず、汚さず再生可能資源:天然ラテックス、CO2を吸収し酸素を生産し、採取寿命を終えると木材資源として再利用され、伐採後は植林されて再生されていくラテックス林の営みに感謝!

ラテックスマットレス製造状況、発泡させてのフォーム製造過程、検品状況
安心の生産国、生産者、輸入者等の商品履歴開示と信頼できる品質保証


1:こうして集められたゴム樹液を何層ものフィルターで時間をかけて濾過し、液質を整えていきます。この過程でも防腐剤としてホルムアルデヒドなどは一切使用せずに管理しています。
   濾過した「ミルク」をマットの型に充填します。 これを型の中で、高温の水蒸気で発泡させて、ラテックスフォームに仕上げます。化学物質を一切使用しない100%ナチュラルラテックスフォームのできあがりです。

2:写真は発泡したフォームを型から取り外しているところです。上下の型にある多数の棒状の突起物が13mmØの穴を両側から作り、又発泡によりラテックス内部に無数の孔を作ります。

3:写真は製造に使う型にセットするピンの実物です。このピンの中に高温の水蒸気を通して発泡させています。

ラテックスマットにある穴はこのピンの跡です。穴が上下貫通しているように考えられている場合がありますが上下のピンの位置はずらしてセットされており上下のピンホールは貫通しているものではありません。このピンの大きさとセットする位置によって作り出されているのが7zone構造のマットレスです。ラテックスの多孔性はこのピンホールではなくフォーム内部に形成される極小さな無数の孔のことです。孔がごく小さく無数であることがラテックスマットが暖かくもあり蒸れも感じさせない理由なのです。

所謂発泡させないラテックスや一部後進国で行われている硫黄による発泡方式等とは全く異なり、この最良の製造方法による発泡とそれに続く製造工程で作られるラテックスフォームだからこそ寝具に最適な柔らかい吸収力と高反発による柔軟な支持がどのような体型にも、寝姿勢にも対応できるのです。国内で色々のラテックスマットが販売されるようになって来ましたが製造工場で直接製造を委託し直接買取を行い直接販売しているのはSLEEPSHOPのみです。

このためにSLEEPSHOPでは販売するラテックスマットの品質、デンシティー、製造方法、お手入れ方法まで詳しく責任を持って情報開示を行う事が出来ているのです。

1:

2

3

4


充填し発泡させたフォームは真水で冷却したあとで乾燥ラインで乾燥させます。

この製造は多くの型を使用する近代的な設備を必要とします。ヨーロッパ製で良く見かける木製フレームのメーカー名で表示してあるものがありますが1木製フレームメーカー等で製造できるものではありません。それらのマットはラテックフォームを外部工場より仕入れて外カバーに自社名やブランド名を入れて装着して出荷しているのが実情です。

そのために実際のラテックスの原産地やラテックスフォームの実際の製造者、製造工場名などは全く明らかに出来ずその結果製造工程や品質の詳しい把握、表示はなされてないままに販売されているのが実情です。実際に表示されている数値と大きく異なるデンシティーのマットレスがユーロラテックスという呼び方で相当の価格で売られていたりしております。


出来上がった自社発注のラテックスマットレスを当社スタッフが検品しコンテナへの積み込みまで確認しています。
当社は直接取り引きと製造委託の継続的な取り組みを行っていますので製品についての情報を全て把握し(材料原産地、製造業者、製造工程、製造方法、デンシティーなどの細かな商品情報の全て)をお客様にお伝えしております。そのラテックスに対する情報,ラテックスマットレスの比較が出来る販売方法に対しても安心と高い評価が戴ける様になりました。


出荷されたラテックスマットは約10日で大阪港に入港します。当社では余分な流通経路を一切介さず直接輸入、通関し自社スタッフの手で荷降ろしして自社倉庫にストック管理し、お客様の注文に応じて各種カバーを装着し自社出荷、配送センターよりダイレクトに各地SLEEPSHOP店舗よりお客様へお届けしていますので安心してお求め戴けます。

この様に当社商品は原材料採取地、生産工場名の生産社履歴、輸入販売者を含めて明瞭です。

多くの場合ベッドフレームメーカー名等で表示されたり、フォームとカバーを別個に輸入して日本で装着することで日本製等と謳って要り場合もあります。(これらは違法ではありませんが正確な履歴表示ではありません。)当社はこれらを一貫して自社責任で行なっており、その分採集現場や製造工程にまで入り込み、検品から輸入に関する業務まで行うことでこれら情報を自信を持って開示しております。


他のマットレスとどう違うの?

ラテックス(ゴム)の最大の特徴は、柔らかさと弾性の同居にあります。
手触りは、焼きたてのパンの中身のようにしっとりとしているのです。
ラテックスマットレスは発泡時に、多数の気泡を作ることで、更にソフトな柔らかさ(マシュマロのような)を実現し、同時に高い反発力も維持しています。
この柔らかさが体の凸部(かかと、ふくらはぎ、お尻、肩甲骨)をやさしく吸収し、高い反発力が体の凹部(くるぶし、膝裏、腰椎、頚椎)をしっかり支えてくれます。
これが硬いマットレスや床、柔らかい低反発素材の寝具との大きな違いです。

低反発マットレスとラテックスマットレスの比較
下の体圧分散シートの計測をご覧下さい。被測定者:170cm、60kg、50代男性
(色の分布は寒色から暖色にいくほど圧力が高くなる表示となります。即ち赤が一番圧力が掛かり順に黄色、薄緑、緑、濃いグリーン、薄いブルー、ブルー、濃いブルーの順に圧力が弱まっている状態を表 示しています。)

左より
(1)は畳の上でのトゥルースリーパープレミアムに仰向け寝したもの
(2)は畳の上でのトゥルースリーパープレミアムに横寝したもの
(1)では両肩甲骨と尻に大きな圧力が(2)では肩と尻の骨盤に大きな圧力が掛かっています。
(1)では腰は支えなく浮いており、(2)でも脇腹には支えがないために体がよじれて僅に低反発と接触していますが支持されている訳ではありません。 
これらの圧力は反発力なく底突きして出来る圧力でありこれが睡眠時の体の痛さを引き起こしこれから逃れる為に寝返りを激しく繰り返す原因であり結果充分な睡眠がとれず、寝起き時の体の痛みや肩痛、首の痛みを生む原因ともなってるのが分かります。

それに対して
(3)は当社7zone18ウオッシャブルラテックスマットレスに仰向け寝、(4)は7zone18ウオッシャブルラテックスマットレスに横寝したものです。

その差は一目瞭然。

(3)では体は幅広くソフトに吸収され、圧力が満遍なく分散されているのが分かります。
(4)でも肩、骨盤ともにソフトに吸収されておりまた腰、わき腹ともにソフトでありながらしっかりとサポートされています。

1.

2.

3.

4.


マニフレックスマットレスとラテックスマットレスの比較

ウレタンマットを真空プレスしたものが巷間”高反発マットレス”として販売されておりますがラテックスマットレスの高反発とは似て非なるものです。ラテックスの高反発は押さえたら吸収し放したら素早く戻る反発運動のことを表現しておりますが、この種の真空プレスした”高反発”マットはビニールパッキングから開封され高圧プレスの圧力から開放されてもとのフォームの形に戻る間は反発力は働いておりますが一旦フォームの形に戻れば単なるウレタンマットのフォームそのものです。従ってこのフォーム自体には吸収する柔軟さも無く体圧による凹みを押し戻す反発力も働くものではありません。同じ”高反発”という表現でこの種のマットにラテックスマットレスのような寝心地、体圧分散効果を期待されるのは大きな間違いです。

体圧分散シートの計測をご覧下さい。被測定者:170cm、60kg、50代男性
(色の分布は寒色から暖色にいくほど圧力が高くなる表示となります。即ち赤が一番圧力が掛かり順に黄色、薄緑、緑、濃いグリーン、薄いブルー、ブルー、濃いブルーの順に圧力が弱まっている状態を表示しています。)

左より
(1)は床の上でのマニフレックス246に仰向け寝したもの
(2)は床の上でのマニフレックス246に横寝したもの
(1)では吸収がない為に身体の接地面積も狭く両肩甲骨と尻に圧力が掛かり、腰には支持が無い状態であることが分かります。
(2)では肩と上腕、尻(骨盤)から太股に大きな圧力が掛かり、横脇腹部分は反発が無く隙間がある為に支えが無い状態であることが分かります。

吸収する働きがない為に尻と肩甲骨の凸部が吸収されず、同時に反発力も働いていない為に腰部分は浮いた状態で支えがないことがはっきりと見て取れます。
その為に肩甲骨や尻は痛みや痺れを感じ同時に腰は下に下がろうとする圧力の為に時間の経過と共に苦痛と生じる状態となっています。 

(2)の横寝でも肩と骨盤が吸収されないためにこの部分に圧力が集中し同時に脇腹には支えがないために大きな隙間が生じます。その為に時間とともに下に下がる圧力が掛かり腰や背骨に苦痛を伴う状態は仰向け寝以上に著しいことがわかります。
 

それに対して
(3)は当社7zoneラテックス18ウオッシャブルに仰向け寝、(4)は7zoneラテックス18ウオッシャブルに横寝したものです。

その差は一目瞭然。
(3)では体は幅広くソフトに吸収され、圧力が満遍なく分散されているのが分かります。
(4)でも肩、骨盤ともにソフトに吸収されておりまた腰、わき腹ともにソフトでありながらしっかりとサポートされています。
(1)(2)には柔軟な吸収力も反発力も働かないので身体の凸部に身体の圧力が集中し凹部分は反発力が働かない為に支えが無い状態に晒されていますので

この種マットを買った後で”思った寝心地でない、体が痛い”のでその改善の為に”ウッドスプリングと組み合わせれば快適になりますか?”というお問合せも多く寄せられております。が同じ理由でこのウレタンの塊(フォーム)の柔軟の無さがウッドスプリングへも伝わらずその効果を引き出すに至らないのが実情です。残念ながら。。。

1.

2.

3.

4.


同じラテックスマットレスでも種類が違うのはどの様な違いが有るの?

当店のラテックスマットレスは、化学物質を一切使用しない100%ナチュラルラテックスのマットレスです。天然のラテックスには抗菌作用があります。MRSA(黄色ブドウ球菌)やその他の雑菌を48時間以内に殺し又ダニなども寄せつけにくい性質を有しています。

環境にやさしい その意味は再生可能なゴムの木から採取される天然ゴムのみを材料として使用していること、一方で天然のラテックスは長時間紫外線に晒し続けると特有の柔らかさを無くし砂状に分解していきます。

その為に永年月の使用のあとに廃棄するとしても全く環境に負荷をかけることはありません。燃やしてもダイオキシン等は全く出さず環境を悪化させることはありません。

ウレタンやその亜種の低反発(有機燐酸トリエステルや有機砒素等成分使用)のように廃棄時に環境に負荷をかける素材とは全く異なります。

その寝心地と電磁波に晒される事が少ないこと、環境への負荷の無さからヨーロッパ各国ではラテックスマットレスは最高のマットの位置を長く占めています。

実際ヨーロッパでの世界的なフェアーであるケルンやミラノの展示会で中級以上のベッドでラテックスマットを使用していないベッドに出会うことは殆ど珍しいことです。
(近年原材料高騰により原材料輸入地であるヨーロッパではその対策としてウレタンのフォームを様々に加工するフォームマットが出てきております。ただその快適さでは大きな差があるのが実情です。)

そのラテックスは多くヨーロッパにおいて生産されてきましたが(あれこれの化学物質を混入した物を含めて)原材料のラテックス自体は殆どがアジアで産出されます。(タイ、マレーシア、スリランカ、ベトナム、インドネシア等)当社のラテックスはラテックスの一大原産地であるマレーシアで自社工場を持ちUSA、オーストラリア、ニュージランド等へマット輸出を行っているAEROFOAM社製です。


電磁波から体を守る!疲れを取るだけじゃない快眠!

健康と快眠には睡眠中の電磁波の害を極力排除する
『ラテックスマットレス』と『ウッドスプリングベッド』。
私がラテックスマットレスやラテックス枕を推奨する理由のひとつは、ここにあります。

ご存知ですか?
ヨーロッパではノンコイル(金属コイルを使用しない)マットが主流なんです。

その理由は"電磁波から人を守る為”

家屋内に飛び交う電磁波は、金属に吸着していく(金属コイルマットは大きなアンテナと同じです)際に、人体を透過します。
電磁波は、人体の中では血液中の鉄分に吸着し血流を悪くします
それを避けるため、ヨーロッパの人々はノンコイルのマットを使用しているのです。
未だ日本では、電磁波に関しては社会的にも関心が高いとはいえません
しかし、 スゥエーデン、ドイツ、デンマークなどでは電磁波過敏症に対して公的保険の対象として治療が進められています。
この点で、 ヨーロッパのほうが一歩先を行っているのです。

ラテックスマットは、ノンコイルのマットの中でも、最高級のマットという評価が定着しています。
Dorsal社のウッドスプリングもまた極力金属を排除し天然の厳選されたビーチ材のみを使用して作られています。
だから快眠によって疲れを取るだけでなく活力も生み出せるのです。
私がラテックスマットレスや枕を推奨する理由のひとつは、ここにあります。

そのノンコイルの中でも、ラテックスマットレスは、
最高級のマットという評価が定着しています。
Dorsal社のウッドスプリングベッドもまた、
同じく電磁波を吸着させる金属を極力排除し
天然の厳選されたビーチ材のみを使用して作られています。
だから快眠によって疲れを取るだけでなく、活力も生み出せるのです。

だからこそ、ラテックスマットレスは、世界中(特にヨーロッパ各国では以前より)で高い評価を得ています。

参考資料:
電磁波なび:電磁波とは? - 電磁波による健康への影響について情報を収集

世界保健機構(WHO)は、電磁波対策の必要性や具体策を明記した「環境保険基準」の原案をまとめ、今秋にも「加盟各国に勧告する」とされています。
その眼目は『疑わしきは回避せよ』と言う「予防原則」の考えに基づいています。
それに対し現在の日本政府は「健康被害との因果関係が認められない」と言う立場を取っています。 

電磁波対策、初の国際基準…科学的解明待たず : ニュース : ネット&デジタル : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

リスクの有無より対策を(環境ルネサンス5;読売新聞)

オランダでは1時疎開(環境ルネサンス1;読売新聞)

葬られた疫学からの警鐘(環境ルネサンス3;;読売新聞)

送電線VS住民埋まらぬ溝(環境ルネサンス4;;読売新聞)

これらの記事を読むとなにやら中皮腫を招来したアスベスト問題や薬害エイズ等で聞かされた主張と瓜二つという気がします。

被害や被害者が出てから対策をとっても手遅れです。
その意味で今回のWHOの「疑わしきは回避せよ」と言う指針は適切なものであり、またこうした指針を出さざるをえないほど、今日私たちは24時間電磁波の発生源に取り巻かれていることを再認識してできることから対策をとる必要があると思います。

LGA(ドイツ公立検査テスト
機関)による品質検査済み
ドイツ環境審査機関にて
eco-markを取得済み
BETTER SLEEP COUNCIL
(アメリカ優良寝具評議会認定)
による認定済み
MS(マレーシア工業製品
協議会)による認定済み

 

快適睡眠 スリープショップ快眠体験会のご案内 全国の快適睡眠体験会の会場案内 スリープショップ 大阪会場 スリープショップ 大阪駅前会場 スリープショップ 東京新宿会場
このページの上へ