快適睡眠とは?快適に眠る為の必要条件は?

私はどこでも寝れるんです。とおっしゃる方によくお目にかかります。

成る程一見問題なさそうですが果たしてそうでしょうか?

ベンチの硬い板の上で寝ている状態の眠りの状態はどのようなものでしょうか?

人は疲労困憊すれば必然的に眠ります。眠らなければ死に至るそれが私たち人間の生命の宿命であるからです。

命を繋ぐ為に眠るという最低限の生命活動は腹が減ってこのままでは飢え死にするという状態を回避するために何でもいいから食べて胃に入れそれで最低限の栄養素として命を繋ぐ行為に似ています。

確かに極限状態ではこうした行為は食においても眠りにおいても必然的なものです。

しかし毎日、永くこうした食生活や睡眠生活を繰り返していては健康を害していくであろうことは容易に想像できます。

栄養バランスの取れた食品を適量、一定のリズムで摂ることが身体の内部から免疫力を生み出し高めるように、質の良い睡眠を必要最低時間以上安定的にとることも免疫力を高め健康を増進させる大きな役割を持っているのです。

病気になったり風邪を引いたとき”寝るのが一番”と経験則に基づいて言われるのも合理的な理由があるのです。

このように睡眠の質や睡眠のとり方はバランスの取れた食事内容や食事のとり方と言った食生活と同じように人の生命と健康に直接結びつく大事なものです。

ですから”どこでも寝れるんです”というのは”いつでもどこでもあるもので済ませられるんです。”と言っているに等しいものです。

食生活をお腹を満たすだけのものでなくまたいつも満腹に食べるだけでなく、睡眠生活もまた疲れを取りを生命を維持する最低限の行為に留めず活力を回復し免疫力という本来人が持っている能力を高めるためのものとして、またより健康で快適な日常生活を送る為の毎日の生活習慣として身に付けて欲しいと強く思います。

写真の男性は硬い板の上で身体をよじって寝ています。成る程疲れていればどんな条件や状態でも眠れますが身体や骨格はどうなっているでしょうか?又肩や二の腕、骨盤周辺の肉体部分への体圧はこの男性にどの様な過重や負担を与えているでしょうか?
大きな隙間のできた首部分は腕に乗せることで支え、肩と骨盤に大きな圧力を掛けているのが分かります。
この状態では腰に大きな負担がかかります。その腰が痛むのか、手で痛みを緩和しようとするかのようなしぐさにも見えます。

板のフローリングに仰向け寝と横寝した状態で高度なセンサーシートで体圧分布を計測したものです。
赤が一番圧力が掛かり順に橙色、黄色、薄緑、緑、青の順番となります。
色がない白い部分は接地無し即ち支えがない状態を表しています。
仰向けでは両の肩甲骨と骨盤、横寝では肩、二の腕、骨盤、太腿に圧力が集中し
両方の姿勢で腰には支えがないことが如実に示されています。


この様な「どこでも寝れる」睡眠時の体圧分散はどの様なものか?

左図;フローリングに直に仰向け、横寝した人の体圧分布を表したもの。
仰向け寝では身体の凸部=肩甲骨と尻の骨盤に体圧が集中している。
この状態では体圧が集中する圧力で血流やリンパの流れは阻害され、神経も圧迫され痛みを発生する。
同時に身体の凹部である腰には支えなく宙に浮いている状態。この状態では腰部は下に下がろうとする重力に
晒され続ける。これから粗逃れる為の不必要な寝返りが発生せざるを得ない。
右図;フローリングに直に横寝した人の体圧分布を表したもの。
身体の凸部=肩、二の腕、上腕部と骨盤、大腿部に体圧が集中している。
仰向け同様に体圧が掛かっている部分は圧迫され痛みや体液循環阻害、同時に腰への支えなく腰痛と不必要な寝返り発生。
堅い吸収のないベンチでの睡眠、その寝姿勢からは上記の様な事が容易に読み取れる。
体圧分散仰向け直寝
肩甲骨と尻の骨盤に体圧が集中し
同時に腰には支えがない。
体圧分散横寝直寝
肩甲骨、二の腕と骨盤、大腿部に体圧
集中し横腹、腰には支えが無い。

快適に眠れる状態(仰向け寝の場合)


人の背骨は一直線の平板なものではありません。大きくは後頭部、肩甲骨、臀部、ふくらはぎ、踵などの
凸部と頚椎、腰、ひざ裏等の凹部で曲線を描いています。体内の骨格もこの形状で湾曲しています。
人が仰向けに横たわって快適に眠り続ける為にはこの凸部を吸収し、同時に凹部を支持する必要があります。
上の写真では人が横たわることによって生じる体圧力を下部のウッドスプリングで緩やかに吸収と支持を行い
同時にマットレスが体の凹凸に沿ってソフトに吸収と支持を行っている様子が見て取れると思います。


下の写真は当社Energyウッドスプリングベッドとラテックスマットレス7zone18ウォッシャブル
(ミディアム)に横たわった状態で高度な感知センサーで計測したのがこの圧力分布図です。
肩甲骨と臀部がその他の部分に比べて若干圧力が高いことを示していますが上記のフローリングに仰向けに
横たわった極端に局部に掛かる圧力の高い部分(赤色や橙色表示)は減り、同時に支えのない白い部分
も減り全体が満遍なく支えられているのが良く分かります。
ウッドスプリングベッドEnergy-na (フラット)7zone18ウォッシャブルに仰向けで寝たときの
ウッドスプリングとラテックスマットレスの状態と人の背骨の状態を示しています。

上の写真の様に仰向け寝の状態で高度な計測センサーで計測した体圧状態を表しています。
青色は圧力が殆ど掛かっていない状態。薄緑、黄緑、黄色、橙色、赤色の順で圧の高さを表示します。


快適に眠り続けれる条件(横寝の場合)

 

人が横寝する姿勢では肩、二の腕、骨盤、太腿などが凸部となり体圧を受けやすい状態です。
硬い床(畳やフローリングに布団や固いコイルマットレスなど)ではこの部分に圧力が集中する状態となり
肩骨盤部分の背骨は押し上げられ腰部分では下がろうとする圧力にさらされます。
肩や二の腕が痺れたり、痛くなるのはそのためです。又腰が痛くなるのも下がろうとする圧力に
さらされ続け支えが無い為に身体がよじれる状態でで骨や筋肉に負担を掛け続ける為です。
上の写真はウッドスプリングEnergy-na (フラット)に7zone18ウォッシャブルマットレスに横になったものです。
ウッドスプリング、マットレス共に腰と肩で大きく身体の凸部と圧力を吸収し、同時に腰部ではウッドスプリング
ベッド、マットレス共にしっかりとした支持を行っているのがわかります。
即ち人の寝動きや寝姿勢に対する最適解は柔らかいか硬いかではなく、吸収と支持を柔軟にどの様な姿勢に対しても生み出せるものなのです。
ウッドスプリングベッドEnergy-na(フラット)と7zone18ウォッシャブルマットレスに
横寝した状態でのウッドスプリングベッドとマットレスの働き具合とその状態での
人の背骨の状態を表しています。

上記の写真に有る様に横寝した状態で高度な計測センサーシートに人が横向きに寝た場合の
体圧の掛かる具合の分布を計測したものです。
硬いフローリングの上で計測したものと比較すれば一目瞭然ですね。
圧力の集中し易い身体の凸部もウッドスプリングとラテックスの相乗効果で吸収され同時に身体の凹部にもしっかりと支持がなされているのが
分かりますね。これが身体全体がほぼ満遍なく均等に近い状態で支えられている実態です。
体験される方が“気持ち良い””どこも身体が痛くならない”と仰るのは実は
こうした状態への感想なのです。


私達のベッドが実現できる事=「生活全体が健康スパイラルに!」と連絡いただきました!

こうした寝試し体験会へ2度お越しになり(夫婦でパジャマ持参で)寝試しして実際に使っている方からのお便りをお読み下さい。

(お届けから約2ヶ月後メールを頂戴しました。)
その後、ベッドは夫も私も、とても快適に使用しております。
ご相談した肩こりも、アドバイス頂いたとおり枕の高さを変えたら、改善されました。

また、夫の方は、以前は激しかった寝言や寝ぼけ(突然まくらを投げ捨てたりしてました(笑)、
寝返りするたびに起き上がるということも、ピタっとなくなりました。
今では、いびきすらかかず、朝までとても静かに、トイレにすら起きることもなく、スヤスヤと眠っています。
それに伴い、私も安眠することが出来ています。

また、以前は寝起きのひどかった夫ですが、今は昔より1時間半も早く起き、
朝食を食べてから出かけるようになりました。

これには、とてもビックリしています。

ベッドは、正直 私たちにとってはかなり高い買い物でした。
(結婚指輪よりも!!)
でも、本当に買ってよかったと思います。
おかげで、生活の質が向上しました

素敵なお品物を勧めていただいた中村様には感謝しています。
また何かありましたら、ご相談させてください。
今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

(その後更にコメントを頂戴しました。)
とにかく、夫の夜の奇行のせいで3時間に1回は目を覚ましていたので、
本当に助かってるんです(笑)
過去のおもしろ寝相や寝言エピソードは、事欠きませんよ(笑)

枕を投げ捨てるのは初級レベルで、いきなり起き出してカーテンに首を突っ込む(苦笑)、
夜中に「火事だ!」と叫ぶ(私も飛び起きました)、
突然起きたと思ったら、私に布団を全部かけてくれる(ありがた迷惑・笑)、
靴下を取り出して履いて、また脱ぐ(朝の3時)、
仕事のプレゼンを20分くらい話し続ける(これは勉強になりました・笑)等々・・・・
上げたらキリがありません(笑)

そんな日々も、今はとても懐かしく感じています(笑)

彼が良く寝付く
 ↓
私が安眠できる
 ↓
私が早起きして朝御飯を作れる
 ↓
夫も早起きして、朝御飯を食べる
 ↓
私も夫も、コンビニ菓子パンやオニギリを食べるのをやめ、さらに昼までの間食がなくなる。
 ↓
仕事の集中力も向上!

・・・と、生活全体が健康スパイラルなんです(^^)

使用してまだ2ヶ月弱ですが、長期使用してどうだったかなども、またお送りしますね。

・これまで、スノコベッドに、腰痛対策用の布団(病院で使われている腰をしっかりホールドしてくれるやつ)で寝てました。
腰痛は確かに一時的にはなくなったのですが、腰をホールドされているせいか、いちいち起き上がって寝返りを打つように・・・。
おしりの凝りと肩凝りが辛そうでした。
他が凝ってるので、最終的には腰痛も(^_^;)
以前は固めのテンピュール枕を使用、今は、西川のオーダー枕です。
ベッドにしてから、1センチほど低くしてます。

神奈川県在住 YM様
ENERGY/NA18cm7zoneウォッシャブルミディアム(シングルロング)とENERGY/GA18cm7zoneウォッシャブルミディアム(シングル)をご購入いただきました。

上記のお客様では寝具環境と睡眠環境を改善することで招来する生活の変化、質向上はSLEEPSHOPの提案、提供する優れたベッドシステムとマットレスで実現されました。
それは第一に立った状態の人の骨格の状態とほぼ同じ姿勢が実現する人の骨格の体圧分散機能に優れたウッドスプリングベッドと骨格の周りを形成する肉体への圧迫を最適に緩和して、肉体の内部で人の生命をつかさどる血流やリンパの流れを阻害
せず神経系統への余分な圧迫をも緩和する働きをするラテックスマットレスの肉体への体圧分散の働きがあったこと。

同時にそれと出会えて自身の睡眠環境の問題点、使っている寝具(テンピュール素材などの寝具)の問題点なども実際に寝乍確認できる方法によっても齎されたものなのです。
それが当社がお勧めする“寝試し体験会”
このご夫婦はパジャマ持参で2度お越しになり他の客様との混在無く貸しきり状態でしっかり時間を取って確認されたこと、又そうした確認が出来る環境を意識的に積極的に提供していることの両方があって実現したのです。

毎日繰り返し一日の休みも無く繰り返す睡眠はその為もあって意識されない場合さえありますがだからこそ人の生命、生活、人生にとっても実に大事なものなのです。睡眠にも様々なもの状態があります。疲れきり取り敢えずの疲れを取るだけのもの(生命維持のための必要睡眠)から免疫力を高めて活力や健康を生み出すのに十分な睡眠まで。

私達はこのただ眠気や疲れを取るだけの必要睡眠だけでなく健康と活力を生み出すのに十分な睡眠の実現できる寝具、睡眠環境を提案、提供します。

 




快眠で健康生活実現の為に私達が目指すもの“売る時に良い物”でなく“使って良い物”を 

ベッドやマットレス、枕に布団等は多くのお店で販売されています。

しかしそれらの殆どは”売る為に良い物”、”売る際に良く見えるもの、見栄えのする商品、売り場”です。

ヘッドボードの飾りやデザイン、フレームの色数の誇示、マットレス生地に金糸、銀糸を使って豪華に装飾したマットレス、布団本来の機能を阻害し使用する際に目にするものでもない柄や色合いのふとんカバー等。

それに対して当社のベッド、マットレス、枕は徹底的に”使って良いもの”にこだわりそれを実際に伝え、使う方に実際に眠る状態に近い環境で体験し理解出来る体験場の提供を追求をしています。

使っていいものとは快適に眠ることに特化しその機能をこそ追及したベッドベース即ちウッドスプリングのサスペンション機能、従って余分なものや装飾を排したシンプルなウッドスプリングベッドベースによる

骨格の体圧分散機能実現、即ち横たわりながら立っている姿勢の実現。しかもそれは使用する人それぞれの身長、体重、体型、体質に合わせてカスタマイズできる(調整、セッティングできる)機能を有したベッドシステム。

マットレスは肉体に掛かる体圧を分散する機能に最適なラテックスフォームや自然素材オイル使用のノンコイル(金属バネを使用しない)フォームを、体型、体重等の個人差にも最適に対応できる優れたマットレスとして使用、
その外カバーは装飾や見栄え等の為に快適な睡眠の機能を損なうものを使用せず、快適に使い続けられる為に装飾の要素を極力廃して快適な寝心地実現できる素材や仕上げに拘り、一方で自宅で洗濯して使える取り外せるウォッシャブルカバーにする等徹底的に"使っていいもの”に拘った商品開発を行なっています。

このことが実際に実感できるように売り方は徹底的な寝試し出来る体験型の”売り場”となっています。

靴を脱ぎ、実際に寝る環境に近い状態でしっかり時間を取って、実際に眠ることが出来る環境で寝試し体験できるのが私達の売り場(体験場であり)体験会です。

即ち見せる売り場、手先で触る位の商品確認ではなく実際の睡眠時の環境により近い環境でのしかもしっかりと時間を取って寝て試せるものなのです。

売る為にいいものでなく使っていいもの、売る際にいいものでなく使って分かる本来の価値。

此れが凝縮したベッドベースシステムとマットレス、枕、カバーリング、寝具類。

またお一人お一人に最適な快眠の為のサポートを行なうアドバイザーと出会えるのがSLEEPSHOP快眠体験会なのです。

寝室で使う家具、寝具が台所やリビングルームで使う家具やモノと決定的に異なることって?

台所で使う家具はまず第一に収納力や使い勝手等の機能性、リビングルームの家具では寛げる機能と共に毎日目に入る色やデザイン等も重要な要素です。

又訪れる人の視線等も気になる点です。

一方寝室のベッドやマットレス、寝具はとことん自身で使うものであり人の生命活動で重要な睡眠が快適にとれる為の道具、環境でなければならない。

人に見せるものでもなければ、目に留めて過ごすものでもない。それよりも快適に眠る、ただ疲れて必要を満たすだけのものでなく、疲労回復だけでなく免疫力も高め活力や健康を生み出す眠りを実現するものでありたい。

その為に重要な要素はヘッドボードのデザインやフレームの色やマットレスの外カバーの色でもない筈である。

だが巷に溢れる寝具、ベッドは色彩の豊富さや形や色で売り場で映えて目を引くものかその他の機能(収納機能や収納量等)で興味を引こうとするようなものにナント溢れていることか?

そんな現状を変え、又一方で根強く流布され人々の意識に無前提に存在する睡眠環境に関する(特に敷き寝具、マットレスに)意識、知識、思い込み(硬い敷寝具が腰の悪い人には適している等)をも変革して

”日本の睡眠環境と日本人の眠りを変える”を実現する為の地道な活動を続けています。
人の骨格の体圧分散を実現し寝ても立った状態に近い姿勢を実現する
優れたウッドスプリングベッドのお話はこちらから
人の睡眠時の肉体にかかる圧力を優しく分散する
“柔らかいのに高反発”ラテックスマットレスのお話はこちらから

 

 




産地偽装、食品偽装の本質は何か?“売る為に、売る時に良いもの”という体質露呈。

現在食品の産地や商品名の偽装、誤表示が世上を賑わせている。これらは実際の素材や生産地よりより高額で売買されているものや産地を語らって実際に提供する食品をより良く見せ、より高い値段を払ってもらうようにする所謂偽装行為である。
これら一連の行為の本質は自己が行える価値創造行為即ち調理の技術であったり、こだわりの調理法や盛り付けなどの提供価値ではなく名の売れた、それ自体がそれを価値づくってきた人々や知らしめる努力を行った人々の行為の結晶即ちブランドに
あやかり、よく見せ安易に稼ぐ商売の本質露呈である。
即ち“売る為に良いもの”を開発したり、売る為に、売るときに良い広告を行う姿勢である。これらは食品や外食など以外でも多数みられる行為、企業姿勢である。
我々の身近な寝具やベッド等を見ても実はこれに類したことは多数散見される。
イタリア製ウッドスプイリングとして寝具店を通して販売されている○○リビングのウッドスプリングベッド、このブランドを関する会社は既に会社破綻によりイタリアには存在せず、オーストリアにある会社が旧来のイタリア社の名前を所有しているのみであり現在提供され
ているウッドスプリングの工場はイタリアには存在しない。どこで(どの国で)製造されているかを消費者へのイメージ上明かしたくないのならば事実と異なるイタリア製とも記すべきではない。これも立派な産地偽装ではないか?
又かって”清らかなアルプスの水で製造されるスイス製ラテックスマットレス”というふれこみで販売されていたセ○○ラ社のラテックスマットレス。歴史的にも現在もラテックス製造工場などスイスには存在することもないのに販売店にこうしたふれこみで販売させ、それを信じて買ったお客が多数存在する。またセ○○ラ社がラテックスの原料であるゴムのプランテーションを所有し???、自社工場で作っている等のお話に至っては偽装ではなく確信的なごまかしだと言える。ラテックスフォーム自体は仕入商品であることを示したくなかったのか?もっと飾り立てるお話を必要とされたのか?現在は当社の指摘で表現方法を変更されているがこれも同種の行為である。歴史的にも現在もドイツにはラテックスフォームの製造工場は1社も存在しない。ドイツのベッド製造会社のラテックスマットレスはラテックスフォームをそれ自体は外国企業(最も多いのがベルギー)から仕入れたフォームに自社で用意した外カバーを装着して出荷されているのが実情である。日本でも半完成品を輸入して最終加工を附せば日本製と表示することは違法ではない。だがマットレスの最も品質に直結する部分は他国で製造されいて外カバーだけが自社生産され(これさえも自国での外注でさえある場合が殆ど)装着されているにすぎないのであれば、ベルギー製ラテックスフォーム、外カバードイツ製造等と表示するのが良心的な品質表示と言うものであろう。所謂車の燃費表示で自動車会社各社がアメリカの消費者から訴えられていることなどにもみられる様に商品を飾り立て、よりよく見せることは販売の現場では当然のように行われ続けている行為である。
しかしより良く見せるメイキャップ効果を超えて実際以上に飾り立てたり、嘘が混じったりあるいは出来もしないことを約束したりすることは又違った意味を持ってくる。
ここでも私たちはDieter Rams:グッドデザインの10の原則を思い起こす。
それは“誠実である
グッドデザインは、製品を実際以上に革新的、強力、有用に見せたりはしない。
守ることのできない約束で消費者を操るものではない。

ましてや事実と異なる産地や製造国を謡ったり、事実と異なる物語を流布するなどの行為は不誠実以上の罪深さである。
私たちはこれまで同様に生産地、生産工場との直接取引の長所を生かし実際以上のイメージでなく正確な情報の開示に努め、同時に提供できる質の高い快眠の為のベッドとマットレス、枕や寝具類を誠実に提案し提供し続けます。

 



誠実であること=使って良いもの=お客様の声を大事にする。

ベッド、寝具販売に於いても様々な形で表れている他者依存の傾向。
それはトップアスリートや有名な俳優や芸能人をコマーシャルに起用する手法に現れる場合もある。これらもある意味で著名なアスリートや有名な俳優、芸能人や著名人の持つブランドに依拠して商品をよく見せる手法と言える。
成程こうした手法は優れたマーケテイングとして認知され広範に展開されている。それが商品の持つ価値、提供できる価値と相違なければ問題はない。
しかしトップアスリートや有名な俳優や芸能人をコマーシャルに起用する手法は今暫くは容易に販売を増加させ得るであろう。しかし売っているもの即ちお客様が得られる価値が限られたものであればその寿命は知れたものとなろう。
多額のギャラを払って言わせた作られたセリフはあくまでも”売る為に良いもの”である。
対して実際に買って使った人の声の声こそは“使って良いもの”であり、それこそが我々の大事にするものである。
自分で汗して働き得た給料の中から自分で使うために時間を掛けて体験し、真剣に吟味して買い実際に毎日使って本当に良かったことに対する満足の気持ちとそれに対する感謝の気持ちさえも伝えてくれる、何の報酬もプレゼントも受け取ることはなくともわざわざ伝えて戴けるこうした生きた本当の”声”こそが我々のブランドである。即ち“使っていいもの”の端的な表れである。
私達はこうした人達の声、しかも嘘偽りのない声を最高の“勲章”として快眠できるベッドシステム、ラテックスマットレス、枕やこだわりの寝具類の価値を広めてまいります。



お知らせ

2016/11/6
快適な体圧分散が実感できるSLEEPSHOPの寝試し体験会。
2015/11/14 寝試しできるベッド、ラテックスマットレス、ラテックス枕体験東京都内が好評。
2015/10/21 ベッド選びのポイント
2015/10/10 ベッド、マットレス寝試し体験に寝泊り体験
2015/9/28 ウッドスプリングベッドとスノコの床ベッドの違い
2015/9/24 ベッドの選び方、その一;人の快眠の為に働くベッド=体が痛くなく快適に眠れる機能
2015/9/22 寝試し出来るウッドスプリングベッド、マットレス、枕の体験会を開催しています。
快適睡眠 スリープショップ快眠体験会のご案内 全国の快適睡眠体験会の会場案内 スリープショップ 大阪会場 スリープショップ 大阪駅前会場 スリープショップ 東京新宿会場
このページの上へ