HOME  > ベッド・マットレス の選び方 > ベッド・マットレス選び方>何を基準にすれば良い?
ベッド・マットレス選び方>何を基準にすれば良い?

自分用のベッド、マットレスは寝心地で選ぶべき。

ベッド選びでは何を基準にしたらいいかわからないという人も多い。
多くの人はベッドフレームは自分の好みの色やデザインで選び、マットレスは実際に触ったり、説明を受けてみたいと思っているはずである。
これは多くの日本で販売されているベッドの実態、販売方法の実態からくるものである。
即ちベッドフレームはマットレスを置く為の台であり、こうしたベッドフレームはフレームは寝心地には何の関連もない。
またマットレスも実際に寝てもどこがどうしてどの様な機能なのかが実感できないものが殆どである。
実際マットレスは豪華な布でくるまれていて、中身を実際に見ることは出来ず、実際と同じと称する中身の縮小モデルを示す小さなサンプルを見て
販売員の話を聞くくらいの確認しかできないことから着ていると思われる。
 


ベッドの使用価値は何か?自分が満足できる寝心地であるはず。 価値をどこに置くか?

日本の大手のベッドメーカーと呼ばれている提供者ではベッドフレームの素材やデザイン、カラーの種類を増やして
様々な人の好みに合わせたベッドで販売増を図ろうとしている。先日もある大手メーカーは木製フレームだけでは
若者の好みの多様化に対応できないとして皮革系や布でくるんだフレームの新製品を販売するという新聞で報道されていた。
これがホテル向けのベッドやマンションのショールーム向けのベッドであるならいいとしても、自分用のベッド、マットレスを
こうした外見に惑わされて選んで「失敗した」人々の話を私たちは体験会に来られるお客様の話で数多く体験している。
何故か?ベッドとはどういう使い方をするものか?
満足できる価値は何か?
これを冷静に分析し、考えれば自ずとわかってくる筈である。

誰かと共有することなく自分用で長く使用するベッドは、一人一人の身長、体重、体型、体質に 併せて調整(カスタマイズ)できるウッドスプリングベッドとラテックスマットレスがお薦め

それに対して当社がお勧めするベッドは徹底的に使用する各個人に合わせてカスタマイズできるベッドである。

身長、体重、体型、体質、睡眠時の癖等に合わせて選ぶことができ、セッティングできる徹底的に各人仕様にカスタマイズして使用できるという意味でホテル仕様のベッドとは対極にあるものである。

通常家庭内で使うベッドを多人数で共有するということはありえない。各人で長年に亘って使う以上各人に合わせてカスタマイズできるベッドベース(ウッドスプリングベッド)とマットレスもフォームの機能やデンシティーを各人の体重、体型、体質に合わせて選べるマットレスによりさらに各人仕様の快適睡眠のベッドとなるものである。

このことはベッド選びやベッド、マットレス選び方の重要なポイントである。

こうしてみると営業用で万人向けのものをわざわざ個人使用のものとして選ぶことが適当な選び方でないことはお分かりいただけると思う。


自分で毎日使うベッド、マットレス、枕選びの基準がホテルベッドを基準にしていい訳がない。

ホテルで使用するベッドが誰が使用するかもわからない。
どの様な体形や体重や身長の人が使用するかもわからない。
その様な使用状況に耐え、営業的に採算の取れるものでなければならない。
等の最低限の条件をクリヤーしなければならないのに対して、
それに対して当社がお勧めするベッドは徹底的に使用する各個人に合わせてカスタマイズできるベッドである。

身長、体重、体型、体質、睡眠時の癖等に合わせて選ぶことができ、セッティングできる徹底的に各人仕様にカスタマイズして使用できるという意味でホテル仕様のベッドとは対極にあるものである。

通常家庭内で使うベッドを多人数で共有するということはありえない。各人で長年に亘って使う以上各人に合わせてカスタマイズできるベッドベース(ウッドス プリングベッド)とマットレスもフォームの機能やデンシティーを各人の体重、体型、体質に合わせて選べるマットレスによりさらに各人仕様の快適睡眠のベッ ドとなるものである。

このことはベッド選びやベッド、マットレス選び方の重要なポイントである。

こうしてみると営業用で万人向けのものをわざわざ個人使用のものとして選ぶことが適当な選び方でないことはお分かりいただけると思う。
一方で耐久性と言う問題も存在する。
耐久性と快適性の関係ではある意味矛盾をはらむ要素もある。
金属製のマットレスやその詰め物に合っては硬く、へたりにくいようにすればする程耐久性は伸びる傾向にある。
しかしこうしたベッドマットレスを使用し続ける人の健康と健康寿命面での耐久性は縮められざるを得ない。
快適性と耐久性の両立にはベッドやマットレスの機能の働きを制限して持ちを良くする以外にも当社のウッドスプリングベッドの様に
フレームの一か所づつ、サスペンションの一個一個、ウッドスプリングの一本、一本まで全て交換可能に設計されたものも存在する。
こうした飾りを排した快適睡眠の機能に絞り込み、デザインされ造り続けられるベッドは何年たっても、よく働き続けるからこそ痛みもしても
その部分だけを取り換えれば又快適な睡眠の為の機能を回復し使う人の睡眠中の体圧を優れた吸収と最適な支持で分散し続けて快適な
睡眠を提供し続けるものもある。
廃棄と買い替えを前提とせず、いつまでも快適に使い続けられることと耐久性を両立させるベッドも是非ベッド選びの条件として検討いただきたいと願うものです。


ベッドフレームもマットレスも快適に眠る為に働くベッド、マットレスを選ぶこと!

殆どのベッドフレームは単なるマットレスを乗せるだけの台であってあなた方が快適に眠る為に何か働いているわけではない。
スノコの床板はじめじっとして何も動かず働かないフレーム、ダブルクッションというベッドの台盤にしてもおよそ動いているというより
ベッドを豪華にみせる為に布で覆われた台でしかない。
要は人がよこになり発生する体圧、人の値動きで生じる圧力を受け止め分散する様な働きは何もしないというものが殆どである。
それに対してSLEEPSHOPの提案するウッドスプリングベッドベースは人が横になって生じる体圧、寝動きで生じる圧力を巧みに吸収し、支持して
分散する昨日を持っている。即ち一晩中人が寝ている間、人が寝返りなど打つ際には必ずこの体圧を分散するために働き続けてくれる、
そんな働くベッドフレームを選ぶべきではないだろうか?
ベッドフレームは所詮マットレスを乗せるだけの台と思い込んでいる人が多いのが現状でも、それはあなたの認識と知識不足というもの。
スノコベッド
一般に販売されているスノコの床付ベッド。
マットなどを乗せる台であり、人の睡眠を
快適にする働きはしない。
ウッドスプリングEnergy
ウッドスプリングENERGYに仰向けになった状態
ウッドスプリングが人の背の形状に沿って
しなって吸収と支持を行っている
ウッドスプリングENERGY
ウッドスプリングENERGYに横寝した状態
ウッドスプリングが人の身体の形状に沿って
しなって吸収と支持を行っている
ウッドスプリングx-point
X-POINTウッドスプリングベッドに直寝。
仰向けでも横寝でも柔軟に人の身体に沿って
吸収と支持を行っている。

快適睡眠 スリープショップ快眠体験会のご案内 全国の快適睡眠体験会の会場案内 スリープショップ 大阪会場 スリープショップ 大阪駅前会場 スリープショップ 東京新宿会場
このページの上へ