HOME  > ベッド・マットレス の選び方 > ホテル仕様のベッド、マットレスを買う前にチェック
ホテル仕様のベッド、マットレスを買う前にチェック

ホテルで使用されている(ホテル仕様)ベッドはあなたにとって最良のモノか?

よく何々ホテル仕様のマットレスといって販売されているマットレスを見かけます。ランクの高いホテルや有名ホテルで使用されているベッドやマットレスほど値段も高くいいものであるように宣伝されている。

何々ホテルに採用されたベッドというのはベッド選びや選び方の基準として正しいのだろうか?

ホテルで使用されるベッドは基本的に

1:万人向けのもの
使用する人は基本的に数日の短期間であり、使用する人の身長,体重、体型などもさまざまである。

 基本的に誰が使用するかは想定、設定できない以上誰にでも合うベッド、背の高い人も低い人も、体重の重い人も軽い人も、体型の違う人にも、体質の異なる人、睡眠姿勢の異なる人等にもそこそこ、ほどほどの寝心地というのがこの種のベッド、マットレスに基本的に求められるものである。

2:営利獲得のためには耐久性重視
 

営業用の備品として営利目的の為の備品である以上耐久性に重きを置かれることは当然なことである。

3:豪華さや見た目も重視される。

分厚いマットレス(コイル高さが高かったり、詰め物の層を厚くする等)やボトムベッド、ヘッドボードなどの装飾性は一定のホテルでは概ね共通する仕様となっている。

このことはベッド選びやベッド、マットレス選び方の重要なポイントである。

こうしてみると営業用で短期間に様々な人に使われる為の万人向けのものをわざわざ個人使用のものとして選ぶことが適当な選び方でないことはお分かりいただけると思う。
万人向けベッドではなく、自分に合った自分に合った毎日長く使えるベッドを選ぶことがだいじである。


「ホテルで寝たベッドが気持ちよかった」という人は現在使っている寝具環境はどんなものか?  その比較でとらえる必要がある。

この感想はホテルで寝たベッドがどの様なものであったか?と同時に現在その人が毎日寝ている敷寝具(ベッドマットレスや式布団等)環境
がどの様なものであるか?という検証を行う必要がある。
概ね堅い敷寝具で寝ている人はホテルマットレスの分厚い詰め物のマットレスの感触を気持ちいいと感じる傾向にある。

誰かと共有することなく自分用で長く使用するベッドは、一人一人の身長、体重、体型、体質に 併せて調整(カスタマイズ)できるウッドスプリングベッドとラテックスマットレスがお薦め

それに対して当社がお勧めするベッドは徹底的に使用する各個人に合わせてカスタマイズできるベッドである。

身長、体重、体型、体質、睡眠時の癖等に合わせて選ぶことができ、セッティングできる徹底的に各人仕様にカスタマイズして使用できるという意味でホテル仕様のベッドとは対極にあるものである。

通常家庭内で使うベッドを多人数で共有するということはありえない。各人で長年に亘って使う以上各人に合わせてカスタマイズできるベッドベース(ウッドスプリングベッド)とマットレスもフォームの機能やデンシティーを各人の体重、体型、体質に合わせて選べるマットレスによりさらに各人仕様の快適睡眠のベッドとなるものである。

このことはベッド選びやベッド、マットレス選び方の重要なポイントである。

こうしてみると営業用で万人向けのものをわざわざ個人使用のものとして選ぶことが適当な選び方でないことはお分かりいただけると思う。


自分で毎日使うベッド、マットレス、枕選びの基準がホテルベッドを基準にしていい訳がない。

ホテルで使用するベッドが誰が使用するかもわからない。
どの様な体形や体重や身長の人が使用するかもわからない。
その様な使用状況に耐え、営業的に採算の取れるものでなければならない。
等の最低限の条件をクリヤーしなければならないのに対して、
それに対して当社がお勧めするベッドは徹底的に使用する各個人に合わせてカスタマイズできるベッドである。

身長、体重、体型、体質、睡眠時の癖等に合わせて選ぶことができ、セッティングできる徹底的に各人仕様にカスタマイズして使用できるという意味でホテル仕様のベッドとは対極にあるものである。

通常家庭内で使うベッドを多人数で共有するということはありえない。各人で長年に亘って使う以上各人に合わせてカスタマイズできるベッドベース(ウッドス プリングベッド)とマットレスもフォームの機能やデンシティーを各人の体重、体型、体質に合わせて選べるマットレスによりさらに各人仕様の快適睡眠のベッ ドとなるものである。

このことはベッド選びやベッド、マットレス選び方の重要なポイントである。

こうしてみると営業用で万人向けのものをわざわざ個人使用のものとして選ぶことが適当な選び方でないことはお分かりいただけると思う。
一方で耐久性と言う問題も存在する。
耐久性と快適性の関係ではある意味矛盾をはらむ要素もある。
金属製のマットレスやその詰め物に合っては硬く、へたりにくいようにすればする程耐久性は伸びる傾向にある。
しかしこうしたベッドマットレスを使用し続ける人の健康と健康寿命面での耐久性は縮められざるを得ない。
快適性と耐久性の両立にはベッドやマットレスの機能の働きを制限して持ちを良くする以外にも当社のウッドスプリングベッドの様に
フレームの一か所づつ、サスペンションの一個一個、ウッドスプリングの一本、一本まで全て交換可能に設計されたものも存在する。
こうした飾りを排した快適睡眠の機能に絞り込み、デザインされ造り続けられるベッドは何年たっても、よく働き続けるからこそ痛みもしても
その部分だけを取り換えれば又快適な睡眠の為の機能を回復し使う人の睡眠中の体圧を優れた吸収と最適な支持で分散し続けて快適な
睡眠を提供し続けるものもある。
廃棄と買い替えを前提とせず、いつまでも快適に使い続けられることと耐久性を両立させるベッドも是非ベッド選びの条件として検討いただきたいと願うものです。


業務用ベッド、マットレス(ホテルベッド、マットレス)と違う 一人一人に合ったベッド、マットレスが選べるSLEEPSHOP寝試し体験会へ!

不特定多数が使う為の ホテル仕様ベッドやマットレス。
ホテルに泊まってこうしたマットレスが良いと感じることがあったら、ご自身の現在の敷寝具環境を疑い、チェックしてみよう。
一人一人身長、体重、体型、体質が違うのに不特定多数の人が短日泊まる為のマットレスで満足できるのか?チェックが必要です。
確かに多くのベッドやマットレスの売り場で売られているベッドやマットレスでは違いが分からないものが殆ど。
でもあるんです!一人一人の身長、体重、体型、体質に合わせて選べるベッドとマットレス、しかもそれが本当にわかるまで寝試し体験できる
ところが。しかもとことん納得できるまで体験するだけでなく、実際に寝てもらい、現状の敷き布団やベッド、マットレスを使っての問題の原因まで
しっかり話し合える専門知識を持ったプロの販売スタッフと共に体験できる場所、それがSLEEPSHOPの体験会!
しっかり体験して貰う為に考えられ、経験を積み上げられてきた予約制体験会です。
是非チェックしてみてください。
常設の体験会場と臨時の出張体験会も行っています。
SLEEPSHOP体験会

快適睡眠 スリープショップ快眠体験会のご案内 全国の快適睡眠体験会の会場案内 スリープショップ 大阪会場 スリープショップ 大阪駅前会場 スリープショップ 東京新宿会場
このページの上へ